他人にクレジットカードを貸した場合

買い物の時に、他人に自分が登録したクレジットカードを貸してしまったとします。「このカードで支払いをしておいて」と渡してしまうと、厄介なことになります。


クレジットカードは保有者とカード会社の契約に基づいているので、他の人が利用することはできないことになっています。

万が一預けて支払いに使って損害を受けた場合、その損害は補償されません。

クレジットカードを盗まれたり、落としたりしてしまったときには盗難・紛失補償が使えるので損害はゼロになりますが、他人に貸した場合に何かあってもカード会社は補償してくれません。

もしカードを悪用されてしまったら、自腹を切ることになるので、家族や友人であってもクレジットカードを預けることは止めましょう。

また、クレジットカードの暗証番号を誰かに教えてしまうのもダメです。



漏れないことを前提に設定された番号なので、もし暗証番号を入力されて悪用された場合には損害は全額自己負担になってしまいます。



カードが使えれば上限額まで自由に買い物できてしまいますし、キャッシングもできてしまいます。なので、カードの暗証番号は絶対に他人にバラさないようにしましょう。たまに暗証番号を忘れないようにカードの裏に書いておいたり、万が一のときのために家族に教えておくという人もいますが、これもダメです。

すぐに悪用できてしまうような環境にはしないように気をつけましょう。



人に貸したり、暗証番号をバラすのはNGです。