法人のためのクレジットカード

会社や個人事業主を対象としているのが、法人カードと呼ばれるクレジットカードです。一般的なクレジットカードの場合、表面に刻印されている名前は個人名のみですが、法人カードの場合は個人名だけではなく会社名も刻印されています。


クレジットカードを利用すると、指定された口座から引き落とされますが、法人カードの場合も同様ですが、引き落とされるのは法人名義の口座です。



ただし、個人事業主の場合には、一般的なカードと同様に個人名義の口座となります。
法人カードを導入するメリットは利用者の状況により異なりますが、個人事業主の場合は、仕事での支払いと私的に使用した場合の支払いを区別することが出来るというメリットがあります。

個人事業主の引き落とし口座は個人名義ですので、個人カードでもなんら問題は無いように考えられますが、仕事での支払いは高額になる可能性もありますし、どちらで使用したのか分からなくなってしまう可能性もあります。
法人カードを導入することにより、管理を楽にすることが出来るでしょう。

社員に法人カードを導入するという場合、社員の交通費や宿泊費などの管理を楽にすることが出来ます。



利用明細書を確認することにより、誰がいくら使用したのかを明確にすることが出来ますし、経理業務の手間と時間を節約することが出来ます。

法人カードについては、カード会社により異なりますが、開業後3年以上経過していることや2期連続で黒字であるということが求められると言われています。