クレジットカードは学生も所有できる

お得に買い物できるクレジットカードは、社会人だけでなく学生も所有できます。
18歳から所有できるカードが多いので、キャッシング契約の前にクレジットカードを作っておくといいでしょう。

キャッシングほど審査は厳しくありませんし、クレジットカードの利用経験があるとキャッシング契約でも有利になることが多いです。

お金を借りるのは20歳以上からとなりますが、クレジット契約に関してはローンとはみなされていません。ただし、クレジットカードのキャッシング機能を利用する場合は、20歳以上になるので学生は利用できません。
学生のうちにクレジットカードを持っておくと、キャッシングも計画的に利用できるはずです。


使い勝手は似ていますが、クレジット決済の場合は銀行引き落としによる支払いが基本となります。

キャッシングはATMで利用するものが主流ですが、クレジットとは異なり1日目から利息が発生するのです。



クレジット決済においては2回払いまでは手数料が無料であり、3回目以上から発生します。
手数料を抑えるためには2回払い以内に抑えておくのが好ましいため、ここは常に意識してください。現金払いの代わりに使用するようにして、決してローンの代用とはしないのがコツです。



ローン感覚で使用すると利息が膨らんでしまい、必然的に分割払いを選ぶしかなくなるでしょう。

分割設定にすると実質的にキャッシングと同じになるため、利息の支払いをゼロにするためにも支払い回数にこだわってください。