クレジットカードの審査が通らない時に調べたいこと

立て替え払いの仕組みを使っているクレジットカードは、いわば住宅ローンやマイカーローンなどと同じものです。


当然ながらサービスを提供する会社としては、利用者が信頼できる人物なのかを調べるために、審査が行われます。


住宅ローンなどと比べると少額の決済に使われるクレジットカードですから、審査はやさしめではあるものの、それでも審査に落ちてしまう人がいます。

発行する会社によって審査基準が違いますので、落ちたなら他のカードの申し込みに切り替えてみましょう。

それでも何度も落とされてしまうなら、自分の信用情報を調べることをおすすめします。
信用情報とは、すべての融資サービスの利用状況を記録したものです。



個人信用情報機関というところで管理されています。クレジットカードの審査では、この個人信用情報機関の情報を元にして行われます。



審査において非常に重要な部分であり、年収の多さや雇用形態の種類よりも重要視される場面が多いのが特徴です。

信用情報には、借り入れたお金の返済状況が記録されています。期日までに返済が行われているか、現在返済が滞っていないかが一目瞭然です。延滞を繰り返している人はクレジットカードの審査で非常に印象が悪くなりますので、いつも落とされる原因になります。
カードを発行する会社のすべてが共有する信用情報ですから、他のカードに申し込んでも同じ結果になるのは当然です。延滞中なら直ちに支払い、期日まで返済する実績をしばらく築いてから改めてクレジットカードに申し込んでみましょう。