公共料金の支払いはクレジットカードがお得

お得で快適な買い物をするのに欠かせないクレジットカードですが、選び方に工夫をすることで、更にメリットを享受できることをご存知でしょうか。

どのカードを選ぶかによって人によってはお得になる金額が1万円以上になることも珍しくありませんので、用途に合わせて自分に合ったクレジットカードを選ぶのがポイントと言えます。



クレジットカードを使った買い物はあまりしないという方でも、毎月の固定費をクレジットカード払いに変更するだけで毎月数万円程度はカード払いが発生します。



例えば電気料金やガス料金、電話料金や携帯の使用料金などは銀行から引き落としされればそれほどメリットはありませんが、カード払いにすればそれだけ利用ポイントが貯まります。


クレジットカードで最近人気のタイプはポイント還元率が高いタイプで、1%以上の還元率であればお得なカードと言えるでしょう。

例えば一か月に使う金額が公共料金の支払い用途で3万円の場合、年間で36万円ほどカードを使うことになりますが、1%の還元率のカードで支払った場合は、年間で3600円ほどのポイントが還元されます。
銀行から引き落としされればあまりメリットはありませんので、引き落としで支払っている場合はカード払いに切り替えたほうがお得です。



その他にも日常の買い物を少しするだけでもポイントが貯まりますし、1%引きで買い物をしているのと同じになりますので、還元率の高いカードを使った生活にはメリットが大きいといえます。