クレジットカード利用時の注意点

クレジットカードを利用する時には自分でどれだけ使っているのかを把握することが大切です。一見当たり前のように思えますが、クレジットカードを使っている人の多くが自分がどれだけ使っているのかを把握していません。
そのため、利用限度を超えて通用なこともありますし、引き落としの口座にお金がないのに使ってしまうということも頻繁にあります。

クレジットカードを使用する時には目の前でお金が動かないので、魔法の杖のように使ってしまうということがおきるわけです。

もしくは、クレジットカードを使った時には意識はするものの、すぐに忘れてしまうので、一週間や一か月もすれば、どれだけ使ったかわからなくなってしまうのです。

クレジットカードは、便利な財布ではありますが、無尽蔵にお金を作れる財布ではありません。

むしろ、財布として管理しにくくなっているものだといえます。そのため、利用時にはしっかりと自分で利用金額を把握する必要があるのです。



無尽蔵にお金が使える富裕層な人でもない限り、財布の中身は限られているといっていいでしょう。



カードは便利で買い物には最適ですが、その利用についてはしっかりとした管理の下で行う必要があります。

これは、当たり前の事なのですが、カード会社は使ってもらうほど利益が出るので、特に注意をするようなことはなく、どんどんとカードを作るように仕向けてきます。
確かに便利なことではあるのですが、便利ということは自己管理が必要ということを忘れてはいけません。