クレジットカードの仕組みとは

クレジットカードを使うと、クレジットカード会社に対して代金が請求されます。
例えばコンビニで1000円分の買い物をしたら、カード会社に1000円分の支払いが請求されているということです。
クレジットカードを利用した分のお金は、カード会社に支払う必要があります。だいたい30日分を一まとめとして一定期間のカード支払額が請求されます。

それで集まったお金をカードが使われたお店に対して、カード会社が支払います。

実際にはカード会社はお店に支払いを済ませてから、利用者たちからお金を集めることが多いです。


クレジットカードを作る時に審査があるのは、ちゃんと利用した分のお金を支払えると信用できる人かどうかを確認するためです。

信用できない人だと判断したら、カードを発行してもらうことはできません。



ちなみに、カード会社はカード利用可能なお店からの手数料(加盟店手数料)で儲けています。


カード利用OKにすると高額商品が売れやすくなったり、カード払いをするお客さんが来店しやすくなるからです。

例えばカード払いができるコンビニであれば、小銭を出さずにスマートに支払いを済ませることができるので、朝の忙しい通勤時間にさっと支払いを済ませることができます。



カード払いが楽だと感じている人にとっては、後でまとめてお金を請求された方が持ち歩くお金を少なくして移動することができます。

利用者、加盟店、クレジットカード会社の3者の間でカードの仕組みは成り立っています。