クレジットカードの審査の基準

クレジットカードを申し込む時には、審査を受ける必要があります。


重要とされるのは、返済能力があること、きちんと最後まで返済ができること、それから、信頼できることです。まず返済能力ですが、職業や勤続年数、収入などで判断されます。



安定した収入がある方が、カード会社としてはお金の回収がしやすいと判断します。


正社員かどうか、すぐに職を変わらないか、どれだけ収入があるか、などというところをチェックします。

次に、完済してもらえるかどうかは、これまでの信用情報などをもとに判断します。

お金を借りても、期限内に返しているという実績があるほど、プラスになります。クレジットカードを利用したことがないという人は、この点に関しての評価はあまり高くないことに注意です。

また、延滞したことがある人も、評価が低くなる可能性があるので気をつけましょう。

そして、審査において大事なのは信用です。

申込時に虚偽の内容を記載していると、信頼性がないと判断されるケースが多くあります。



審査に通りたいからと収入を多く書いたり、職場を偽ったりなどということをしてはいけません。

このように、クレジットカードの審査の対象となる事柄が複数あります。ただ、その基準は各会社で異なっているため、同じ条件でも審査が通る場合と通らない場合があります。もし審査に落ちてしまっても、他の会社では通る可能性もあるので、改めて別の会社にクレジットカードの申し込みをしてみると良いでしょう。